2022年01月

甘い香り⭐︎

こんばんは( ´∀`)

今日はアリッサムについてご紹介しますね😊

アリッサム

 

 

 

スイートアリッサムは、白色の小花が

集まって咲きほんのりと甘い香りがあります。

枝が横へ広がり、カーペット状になるので、

花壇の前列や縁取りに植えると良いと思います😄

花束のカスミソウのような存在といえます

園芸品種には赤や紫、ピンク、オレンジ

などの花色があります。

本来は多年草ですが、高温多湿に弱く、

日本では一年草として扱われます⭐︎

切り戻して夏に遮光すれば、夏越しもできますが、

タネから育て直したほうがきれいに仕上がります😊

◆管理方法◆

日当たりのよい場所で育てて下さいね( ´∀`)

耐寒性はやや弱く、戸外でも

霜の降りない場所が適していますよ!

霜に当たると、株が傷み、

枯れないまでも花が咲かなくなります💦

酸性土壌を嫌うので、花壇に植えつける前に

土に苦土石灰を混ぜて酸度調整をしておきます。

◆水やり◆

土が乾いたらたっぷり水やりします

◆肥料◆

植えつけ時に、元肥として緩効性化成肥料を施します

追肥は、開花が見られたら、

薄めの液体肥料を2週間に1回程度施します。

◆病気◆

菌核病

多湿になると、カビが発生して腐敗し枯れます💦

切り戻して風通しよくし予防しましょう。

◆害虫◆

アブラムシ

 

クリスマスローズ

こんにちは( ´∀`)

今日は冬から春にかけて

美しく咲く

クリスマスローズをご紹介します😊

クリスマスローズ

 

 

クリスマスローズは無茎種

(茎がなく、根茎から葉柄と花柄が別々に伸びる)

無茎種の原種を交雑させてできた園芸種を指します✨

人気の高い多年草で、多くは常緑ですが、

落葉するものもあります。

かつては濁った花色で花弁によれがある

花ばかりでしたが濁りのない花色、

丸い花弁、整った花形を目指して

品種改良が行われた結果

優れた花が多数誕生しています(*´ω`*)

花色、花形のバリエーションが多く

タネでふやされている株は1株ごとに異なる花を

咲かせるので、好みの花を探す楽しみがあります✨

強健で育てやすいものが多いのも特徴です✨

鉢植えにも庭植えにも向き

ほかの多くの草花に先駆けて花を咲かせ

冬枯れの庭を彩ります😊

◆管理方法◆

庭植えの場合は、水はけのよい明るい半日陰に植えつけます。

秋から春までは日がよく当たる、落葉樹の木陰などが最適!

鉢植えの場合は

10月から4月ごろまでは日当たりのよい場所で

5月から9月ごろまでは明るい半日陰で管理します。

過湿を避けるため梅雨どきや秋の長雨には

当てないようにしましょう!

◆水やり◆

庭植えの場合は、基本的に水やりは必要なしです😲

鉢植えの場合は、10月から5月までは

鉢土の表面が乾いたら鉢底から

水が流れ出るまでたっぷりと与えて下さいね😄

6月から9月まではやや乾かし気味に管理!

◆肥料◆

庭植えの場合は、10月に緩効性肥料を施す。

鉢植えの場合は、10月、12月、2月に

緩効性肥料を施すほか

10月から4月まで液体肥料を月に23回施しましょう。

◆病気と害虫◆

病気:灰色かび病、立枯病、べと病

軟腐病、黒斑細菌病、モザイク病、ブラックデス

カランコエ⭐︎

今日はカランコエをご紹介します✨

カランコエ

 

 

 

カランコエは、花形や色のバリエーションに富み

とても丈夫なお花なので、すごく人気なんです😆

古くから鉢花として楽しまれてきました。

カランコエの多くはマダガスカル原産で

暑さに強いので夏の花壇でも重宝しますよ〜

開花調整をしたものが通年出回っていますが

本来は日が短い時期に花が咲く短日性植物😲

寂しくなりがちな冬の時期に花を咲かせ

室内でも元気に育ってくれます( ´∀`)

開花時期も長く、冬中たっぷり楽しめるの

もうれしいところですね✨

新たな品種も続々と誕生していますよ!


華やかな八重咲き!八重咲きはすごく可愛いです✨

そして一重咲きベル形など

さまざまなものがあります!

園芸初心者でも気軽に育てやすく

他の植物の寄せ植えにもおすすめです。

◆管理方法◆

一般に鉢植えで育て、通年、日なたで管理します。

6月から10月は雨の当たらない戸外⭐︎

11月から5月は室内の日当たりのよい

場所で管理してください😊

日が短くなると花芽をつける性質があるので

秋以降は、夜間照明がある場所に置くと

花が咲かないことがあります。

◆水やり◆

6月から8月と、12月から4月は乾かし気味に管理。

5月と、9月から11月は、用土の表面が乾いたら、

たっぷりと与えます😊

乾燥には非常に強いものの、過湿に弱いので

乾かし気味に管理します。

◆肥料◆

5月から9月に緩効性化成肥料を……

10月から12月に液体肥料を施します。

◆病気◆

うどんこ病、灰色かび病

うどんこ病は、春と秋に、風通しが悪いと発生。

◆害虫◆

カイガラムシ、アブラムシ

カイガラムシは、3月から11月に…..

風通しが悪いと発生😕

ミニバラ

こんにちは!

今日も寒いですね❄️

今日はミニバラについてご紹介します✨

ミニバラ

 

 

 

バラは樹形から、木立ち性、半つる性、

つる性の3タイプに分けられます🌹

ミニバラは、木立ち性で

ロサ・キネンシスミニマの小型の性質を

受け継ぐバラです。

コンパクトな株に極小輪から中小輪の花を咲かせ

環境がよければ、春から秋まで咲き続けます

花色も豊富なんです!

香りは品種によっては強弱がありますが

他系統に比べると芳香性品種は少ないようです。

株は自立し、品種によって大小あり

樹形も直立性から横張り性までといろいろです✨

近年はフロリバンダ系などと交雑された

大型のミニバラが、パティオ・ローズもしくは

ミニ・フローラなどと呼ばれることがあります🌹

苗は、秋に地掘り苗の大苗が

春にはポット植えの新苗(若苗)が流通し

専門店では年間を通して鉢植えの苗が販売されています。

また、これとは別にさし木の開花株

1年を通して流通しています。

◆管理方法◆

生育期はなるべく日当たりと

風通しのよい場所で栽培します。

風通しが悪い場所では、うどんこ病が

発生しやすくなります。

庭植えの場合は、肥よくで水はけがよければ

土質は特に選びませんが

その条件を満たしていない場合は

堆肥などを多めにすき込み(1株当たり1015リットル)

土壌を改良します。

◆水やり◆

鉢植えは、年間を通して鉢土の表面が乾いたら

たっぷりと与えます。

庭植えは、真夏などに雨が少なく乾燥する場合のみ

たっぷりと与えます。

ほかのバラよりも根の張りが浅いので、

庭植えでも乾燥には要注意です😲

鉢植えは、生育期は液体肥料や発酵油かすの

固形肥料などの置き肥を定期的に施します。

冬に寒肥として発酵油かすの固形肥料などを施します

庭植えは、冬に寒肥として発酵油かすの

固形肥料などを施し

花後と秋口にも追肥すると効果的です。

◆病害

うどんこ病、黒星病

◆害虫:アブラムシ、チュウレンジハバチ

    カミキリムシ、ハダニ

神話や伝説に登場する花

こんにちは✨

古くから人との関わりが深く

神話や伝説にも多く登場しているお花を

紹介します。

アネモネ

というお花です(*´ω`*)

アネモネ

 

 

 

ヨーロッパ南部から地中海東部沿岸地域の原生地から

各地への伝播には

十字軍や巡礼者が関わっています。

原生地では、比較的雨の多い冬に生育し

初夏に地上部が枯れると球根(塊根)になって

暑く乾燥する夏を越します⭐︎

日本でも、涼しくなる秋に芽を出し

春に咲いて夏前に地上部を枯らし

塊根をつくって休眠します。

水はけと日当たりのよい場所に植えつけ

多肥にしないように管理すれば

何年も植えっぱなしで花が咲きますよ😲

◆栽培環境

花つきの株を真冬に手に入れた場合は

凍らない場所に置きましょう😊

球根を植えた鉢は

芽が出てから地上部が枯れる初夏までの間は

風通しのよい戸外の日なたに置きます。

地上部が枯れたら雨のかからない日陰に置き

10月になったら再び日なたへ移動させます

地上部が枯れたときに

球根を掘り上げて保存してもかまいません。

庭植えにする場合は、水はけと風通しのよい日なたを

選んで球根を植えつけます。

ロックガーデンにも適します

◆水やり

鉢植えでは、軽く湿らせた用土に球根を

植えつけるので植えつけ直後は水を与えずに

45日たってから水やりします。

その後は、初夏に地上部が枯れるまで

用土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます!

地上部が枯れたら水やりを中止し、

雨のかからない日陰に置いて鉢土を完全に乾かします

10月になったら、再び水やりを開始しましょう。

雨水がかかる庭植えでは、水やりは不要です。

◆病気:うどんこ病、灰色かび病、立枯病など

いずれも風通しが悪く、過湿になると

発生を助長するので注意します。

花がらはまめに取り除いて、多肥にも気をつけます。

◆害虫:アブラムシ、ハモグリ

 

 

鮮やかで可愛いお花⭐︎

こんにちは〜(*´ω`*)

今日はプリムラというお花をご紹介します✨

プリムラ

 

 

プリムラは北半球を中心に世界中に

500種類以上分布するといわれている多年草です😊

♦︎管理方法

鉢植えの場合は、夏にタネをまいてできた苗を

秋の彼岸ごろまでは半日陰で管理し

それ以後は日なたで管理します( ´∀`)

大輪品種は寒さに弱いので

冬は凍らせないように防寒します。

小輪品種は凍ると葉が白く枯れますが

寒風に当てなければ戸外で冬越しできます。

凍ると花が傷むので

霜の当たらない軒下で管理しましょう❄️

厳寒期に入手した開花鉢は

室内の日当たりのよい場所で管理しますが

室温が高いと花が早く終わってしまいます。

日中は風通しのよい、加温していない室内に置きましょう

♦︎水やり

表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

♦︎肥料

緩効性化成肥料を施してください。

次々に花を咲かせるにはたくさんの養分が必要です。

1月から4月の開花期は液体肥料も施し

肥料切れさせないようにしょう。

 

♦︎害虫:アブラムシ、ヨトウムシ、ナメクジ

アブラムシが生育期間を通じて発生する。

 

冬のお花.シクラメン

こんにちは〜😊

今日は冬のお花をご紹介します。

◇シクラメン

赤からピンク、白などの定番色に加え

黄色や紫の珍しい花色、花形では八重咲きや

花弁にウェーブが入るロココ咲きな

さらには香りをもつ品種まで

毎年次々と新品種が発表されています✨

八重咲き品種はタネがつきにくく

花もちがよいといった特徴があります。

また、個性的な斑の入る緑葉のほかに

シルバーリーフあるいはプラチナリーフ

と呼ばれる銀葉があり、花とのコントラストが美しく

より気品高い印象を感じさせます。

冬は室内のよく日の当たる窓辺で管理します。

ガーデンシクラメンは、耐寒性があり

戸外で育てることができますが

直接霜に当たると株が傷み、ひどい場合には

枯死することがあるので

木の下や軒下などで育てます。

3月中旬からは日中、日当たりのよい戸外で

雨に当てないように管理し

徒長気味になっていた株を締めて育てますが

最低気温が10℃以下になるときは室内に取り込みます。

梅雨時期からは、戸外の雨のかからない

風通しのよい明るい日陰で管理します😄

休眠させた場合は日陰へ移します。

9月中旬からは春の方法に準じて育て

最低気温が510℃になったら室内に取り込みます😲

花がら摘み、枯れ葉取り:株を片手で押さえながら

咲き終わった花梗(球根と花の間の茎)

を手でつまんで引き抜きます。

同様に枯れた葉も抜き取ります。

🙂水やり

土が乾いたら根元にたっぷり与えてください❄️

害虫:シクラメンホコリダニ、スリップス

シクラメン

 

 

 

万年竹

万年竹

 

 

ユニークなデザインをした

ミリオンバンブー!

なんと❗️

災難を除き幸運を招く

といわれています(゚ω゚)

これは……

嬉しいです✨

管理方法は

真夏の直射日光は避けて下さい

葉を痛めてしまいます💦

春〜秋の温度が高い時は成長するので

水分は多めに与えてください😄

ミリオンバンブーにお皿が付いているんですが

水を切らさないようにしてくださいね

気温の低い冬は室内で管理( ´∀`)

ミリオンバンブー

 

 

和!というデザインなので(受皿も….)

お座敷や和の空間にちょこんとあると

落ち着きますよ〜😊

 

花鉢・花苗新入荷!!

こんにちは〜❄️

毎日すごく寒いですね〜

お正月が終わり

店内はいつも通りの雰囲気に

なってきました😊

そして

花鉢・花苗たちが新しく

仲間入りしましたよ〜

ガーベラ

 

 

 

バラ

寒い冬でも素敵なお花を…..

ミニバラ・ベゴニア・ミニシクラメン

観葉植物….

多数入荷しましたよ♪

桂華

 

冬から春にかけて大人気の花鉢✨

桂華!も新入荷😆

冬を彩る豪華な花鉢です

寒さに強くて−2〜3℃までは耐えます😲

でも雪や霜が当たると

さすがに株が傷んでしまいます💦

気をつけてくださいね〜!

戸外の日当たりの良い場所で管理して下さい

夜間は室内に取り込んだほうがいいですよ!

厳冬地は室内のガラス越しで管理して下さい

水やりは土の表面が乾いたら

株元にたっぷりと与えて下さいね♪( ´▽`)

寒い季節にぴったりのお花です(о´∀`о)

植木や草が伸びすぎて困ってませんか?

自宅のお庭や、会社やSHOPなどに

木や草などが生えすぎて困ってませんか?

そんな時はお任せください!!

当社が全部綺麗にしますよ

木をカッコよく選定もしますし

伐根もします(*´з`)

逆に木も植えます

何でもおまかせを……!

造園

 

 

お庭などに芝生を張る予定などがありましたら

ぜひ(^^♪

見ていて元気になる空間を

作ります

お気軽に電話かメールでお問い合わせ

してくださいね~

造園