コラム記事

観葉植物をレンタルするメリットやデメリットは?購入との違いも解説

観葉植物をレンタルするメリットやデメリットは?購入との違いも解説

観葉植物をレンタルするメリットは数多くありますが、やはりメンテナンスがないのは大きな魅力です。せっかくお気に入りの植物を飾っても、枯れてしまっては台無しです。その点レンタルなら、枯れてしまっても新しい植物と交換してくれます

常に新しい植物を置きたいなら、ぜひレンタルサービスを利用してみましょう。今回は観葉植物をレンタルする際の、メリットやデメリットなどをご紹介します。

 

観葉植物をレンタルするメリット

仕事場やリビングなどに植物があると、ほっとしてリラックス感も生まれます。ただ観葉植物を置くには、日々のメンテナンスが必要です。水やりを欠かせていないにもかかわらず、なぜか枯れてしまい見栄えが悪くなることもあるでしょう。そういったときにレンタルを利用すればプロがメンテナンスをしてくれるので、枯れる心配も少ないのです。以下からはレンタルの際におけるメリットを、それぞれご紹介していきます。

 

手入れが必要ない

観葉植物をレンタルすれば、水やりや剪定などの手入れは必要ありません。専門のスタッフが決まった日時に手入れをしてくれるので、枯らせてしまうなどの失敗も防げます。メンテナンスにやってきてくれる業者はプロなので、適切なメンテナンスをしてくれます。とくにオフィスなどの観葉植物は人目に触れる場所なので、見た目の維持にもレンタルがおすすめです。

 

新しい植物に交換可能

観葉植物のレンタルでは、専門のスタッフが随時点検してくれます。もし植物に元気がない、枯れてしまったなどの場合は、新しい植物に交換してくれるサービスもあります。無償で交換をしてくれるので、常にきれいな状態の植物を飾っておけるのも魅力のひとつです。常に新しい植物を飾っておけるのは、レンタルならではのメリットといえます。

 

レイアウトのアドバイスも

観葉植物は種類がさまざまで、熱に強いタイプもあれば弱いタイプもあります。もし自分でレイアウトをするなら、植物の特徴を把握しておかないといけません。その点レンタルなら、プロのスタッフがレイアウトのアドバイスもしてくれます。適切なレイアウトを行えばより植物も長持ちし、きれいな状態を保てることでしょう。

 

違う種類を試せる

観葉植物は同じ種類を置き続けると、そのうちに飽きてしまいます。観葉植物のなかには常時葉っぱをつけるものもありますが、飽きる可能性は否定できません。レンタルを利用すれば、違う種類の植物に交換してもらえるので、新鮮味を維持できます。四季に応じて観葉植物を交換すれば、オフィスなどでも季節を感じられることでしょう。

 

定額でレンタルできる

観葉植物をレンタルするには、月額料金がかかりますが、定額なので余計な費用はかかりません。またレンタルサービスでは、設置費用も交換費用も無料の業者が多いのです。購入して設置した場合、枯れてしまったら新しいものに変える必要があります。その点レンタルなら、月額費用以外はかからないので費用を安くできるでしょう。

 

レンタルにはデメリットも

観葉植物のレンタルはメリットも大きいものの、デメリットもいくつかあります。メリットが転じてデメリットになる可能性もありますので、以下にデメリットを詳しくみていきましょう。

 

愛着がわかない

レンタルの観葉植物は自分でメンテナンスが必要ないので、育てる楽しみがなく愛着もわきません。自分で育てるのがたいへんだからこそレンタルを利用しますが、専門のスタッフがすべてやってくれるのは正直味気ない点もあります。

 

月額のレンタル費用がかかる

定額のレンタル費用はメリットでもありますが、自分でメンテナンスができる方はランニングコストがデメリットに転じます。もしレンタルを利用するならレンタル費用が安く、追加料金がかからない業者を選ぶことが大切です。悪徳業者では、購入した方が安くすむケースもあります。

 

レンタルと購入の違いはどこ?

観葉植物をレンタルするなら、購入との違いも知っておきましょう。どちらもメリットとデメリットがあるので、総合的に判断する必要があります。もし比較するなら、メンテナンスの質などで選んでみましょう。

 

購入する場合

観葉植物を購入する場合の、メリットは「好きな種類が選べる」「ランニングコストが生じない」「育てる楽しみがある」です。逆にデメリットは「高額な植物がある」「配送費が高くなる」「失敗して枯らす危険性がある」など、があります。

購入すると自分の好きな植物を飾れるのは大きな魅力ですが、枯らしてしまっても取り換えがききません。もしメンテナンスに不安があるなら、レンタルサービスを利用した方がメリットも大きくなるでしょう。

 

レンタルする場合

観葉植物をレンタルする場合、メリットをおさらいすると「無料で交換が可能」「季節に合わせて選べる」「定額で利用できる」など、があります。デメリットもおさらいすると「月々のレンタル代金がかかる」「植物を育てる楽しみがなくなる」、などがありました。

観葉植物は季節によっても環境によっても、枯れてしまう可能性がつきまといます。そういったときにレンタルを利用すれば、メンテナンスフリーで常にきれいな状態で飾れるのは大きな魅力といえるでしょう。業者選びで失敗しなければ、安い料金で緑のある環境を楽しめます。

 

レンタルした植物の使い道

観葉植物のレンタルの使い道はさまざまですが、たとえば「インテリアとして使う」「仕切りの代わりに使う」「シンボルとして使う」などがあります。とくにインテリアとして使う場合にはオフィスや玄関にグリーンがあると、訪れる人に癒しの空間を演出できます。

また飲食店などでは仕切りの代わりに植物を使えば、見た目もよくなりますし自然派のイメージを演出できるでしょう。大きな植物はシンボルとしても活用できるので、企業イメージをよくするためにも植物は重要な役割をもっています。

 

まとめ

今回は観葉植物のレンタルに関するメリットやデメリット、購入との違いなどをご紹介していきました。観葉植物のレンタルの最大の魅力は、メンテナンスフリーで利用できる点です。育てる楽しみこそないものの、常に新しい植物が置かれていれば気分も上がります。もしメンテナンスに自信がないなら、ぜひレンタルを利用してみましょう。

観葉植物のレンタルでお困りなら、ぜひ一度「グリーンアイランド」にお問い合わせください。屋内型や屋外型など豊富な植物が揃っているので、最適な観葉植物を選ぶお手伝いをします。ご用命の際はお気軽にご連絡ください。