ブログ

おしゃれな街「横浜みなとみらい」で植木レンタル業者を利用するメリット!

おしゃれな街「横浜みなとみらい」で植木レンタル業者を利用するメリット!

おしゃれなお店や店舗・企業がたくさん立ち並ぶ横浜みなとみらい。そこでは観葉植物が置かれていることが多いことにお気づきでしょうか? そんな観葉植物の多くは実は「植木レンタル」サービスが利用されているんです。なぜ植木レンタルが多く利用されるのか? そもそも植木レンタルのもたらすメリットとは? そして、横浜みなとみらいではどんな種類の観葉植物がレンタルされているのかなどをみてみましょう。

観葉植物がもたらすものとは

オフィスや店舗に置いてあり目にすることも多い「観葉植物」。その存在が現在では当たり前のような光景になってきているため、「あれば落ち着く」といった程度の印象を抱いている方が多いかもしれません。そんな観葉植物は人に落ち着きをもたらす以外にも、さまざまな働き・作用をもたらすのです。

空気中の有害物質の吸収

観葉植物には空気中に存在する有害物質を吸収し除去する働きがあります。これは1984年にNASA(アメリカ航空宇宙局)の研究から突き止められました。「シックハウス症候群」の原因となり得るホルムアルデヒドやトルエン、アセトンといった化学的有害物質を吸収してくれるのです。

カビ・バクテリアの抑制

空気中に浮遊しているのは化学的有害物質だけではありません。カビやバクテリアも人体にとって有害です。そんなカビ・バクテリアの発生を抑制する化学物質「フィトケミカル」を放出するのも、観葉植物の働きなのです。

マイナスイオンの発生

森林や滝の周辺で多く発生していることで知られるマイナスイオンも、観葉植物は発生させています。マイナスイオンが人体にもたらすものとして、リラックス作用や心拍の安定といったものがあり、観葉植物があると何となく落ち着くのは、このマイナスイオンの働きがあるからといえます。

観葉植物をレンタルできるサービス「植木レンタル」

そんな観葉植物。手に入れるためには購入するという方法が一般的でした。しかし観葉植物というのは購入するには値段も安くはなく、傷まないように管理するにもコストと手間がかかってしまうというデメリットがあります。しかし、そんな問題を解決する「植木レンタル」というサービスがあることをご存じでしょうか? このサービスは今から50年以上前から始まり、その手軽さと便利さから、今や多くの企業や店舗で利用されているのです。

植木レンタルサービスを利用するメリット

メンテナンスの手間を省くことができる

観葉植物に限らず、植物というのはこまめなメンテナンスが欠かせないものです。手が行き届かないと傷んで枯れてしまうこともあります。そんな面倒な世話も一任できるのが植木レンタルの良いところです。自己管理の場合にかかるリソースを業務に投入することができるのです。

コーディネートも任せられる

植木レンタルはもちろん自分でどの植木をレンタルするかを決められるのですが、店舗やオフィスの雰囲気に合わせた全体的なコーディネートもしてもらうことが可能です。植木の種類だけでなく鉢のデザインもセレクトしてもらえます。

傷んだものや枯れたものは交換してもらえる

購入した観葉植物の場合だと傷んだり枯れたりしたものは買い替える必要がありますが、植木レンタルなら交換してもらえます。そのため、いつでもきれいな状態の観葉植物を楽しむことができるのです。

植木レンタルが盛んな街、横浜「みなとみらい」 

そんな植木レンタルが特に盛んに利用されているのが、神奈川県横浜市にあります「みなとみらい」です。このみなとみらいには多くの商業施設やオフィスビルが立ち並んでおり、それらの多くの店舗・オフィスで植木レンタルを利用されています。なぜ横浜のみなとみらいでは植木レンタルが盛んに利用されているのでしょうか? それは横浜という街が全国屈指の「おしゃれ地区」だからです。洗練されたおしゃれでハイセンスな街・横浜だからこそ観葉植物を積極的に置くというケースが多いのです。なかでもみなとみらいは横浜一モダンな街ですので、植木レンタルという文化も浸透しているのでしょう。

横浜みなとみらいで多くレンタルされる植木の種類は?

横浜みなとみらいで多くレンタルされている植木の種類にはどんなものがあるかお分かりですか? 実はその種類は横浜という土地柄ならではのものが多く、「フェニックス」や「ソテツ」といったビーチを連想させる大型の観葉植物になります。「横浜=ビーチ・砂浜」といったイメージからそのような観葉植物がショッピングモールやアウトレットパークで利用されているのです。

またオフィスでも同じように大型で存在感のあるものが好まれる傾向にあります。その一方病院や介護施設では、利用者に落ち着きを与える定番で小ぶりな観葉植物がレンタルされるケースが多いです。

横浜の植木レンタル料金の相場は?

最後に横浜での植木レンタル料金をみていきましょう。横浜での植木レンタルにかかる料金は観葉植物の種類や鉢の大きさによって異なります。小さいサイズ(背丈50cm程度)のものなら1鉢500円前後。背丈1m前後のものなら1,000~2,000円程度。それより大きいサイズのものなら3,000円程度の値段となっております。全国的にみて平均的な料金が、横浜での植木レンタル料金となっているのです。

まとめ

横浜みなとみらいではその土地柄から、植木レンタルが盛んに行われています。おしゃれな街、横浜みなとみらいをさらに好印象に盛り立てるアイテムとして、これからも植木レンタルが支えていくことでしょう。

「グリーンアイランド」では、みなとみらいでの植木レンタルも承っております。横浜みなとみらいでの植木レンタルの際は、ぜひ当社にご用命ください。

観葉植物レンタルは横浜やみなとみらい地区で盛んです!

観葉植物レンタルは横浜やみなとみらい地区で盛んです!

街中を歩いたり、建物の中で観葉植物を見かけたりすることは多いと思います。最近では、どの建物にも観葉植物をレンタルして設置している傾向にあります。今回は、その中でも観葉植物をよく見かける横浜や、みなとみらいの観葉植物についてご紹介していきます。

観葉植物とは

観葉植物とは、主に葉の緑色や形状、模様を鑑賞するための植物で、自然の雰囲気を演出しながら育ていくものになります。葉の色合いを愛でながらその造形美を深く観賞したりするものです。

この観葉植物を観賞することで、室内でも自然を感じることができる上に、リラクゼーションの効果を期待でき、空間のインテリアとしておしゃれさを演出することもできるのです。一石二鳥にも三鳥もなる観葉植物は、育てたりレンタルする人や、企業がオフィスに取り入れたりと人気が高く、空間装飾には欠かせないアイテムとして利用されています。

神奈川県は観葉植物の需要が高い?

神奈川県は観葉植物の需要が高い傾向にあります。その理由やポイントはどこにあるのでしょうか。

神奈川県の人口

神奈川県は、横浜市・川崎市・藤沢市・大和市・横須賀市・鎌倉市・伊豆市などを含め人口は370万人を超える日本でもトップ5に入るエリアになります。人口が多いだけではなく、便利で都心部にもアクセスしやすいという交通面でも充実しています。

そのため、観光スポットとしても著名であり、海外からの観光客を含め、多くの人が訪れる地域なのです。観光スポットが多いということは、それだけ施設などの建物も充実しており、おもてなしとしてこだわりのあるおしゃれな空間が多いといえるでしょう。

観葉植物を設置するのに適している

特に神奈川県の県庁所在地でもある横浜市では、みなとみらいや中華街、ランドマークタワーなどの観光スポットが林立しています。さらにコンサート会場や展示場なども充実しており、大型施設やオフィスビルも立ち並んでいます。

こうした建物には、観葉植物の特大サイズや、レンタルで大型のプランターに合わせて高さのある品種などを設置されることが一般的です。また、オフィスビルや商業施設だけではなく、小規模な建物であっても室内や野外に観葉植物を取り入れている店舗も増えてきているのが横浜市なのです。

観葉植物は神奈川の中でも横浜市が特に多い

観葉植物の設置が特に多いのが、みなとみらいなどを含む横浜市です。国内だけではなく、外資系のオフィススペースやロビー、シンボルツリーなどで観葉植物をレンタルしているところは大変多いのです。

また、クリスマスツリーも含め、門松など季節ごとの飾りとして観葉植物などを必要とする企業やお店が多く集まっています。このように、観葉植物がオフィスビルだけではなく、観光スポットやイベントに合わせてさまざまな機会にレンタルされることが多いのが横浜なのです。

エリア別! 横浜でおすすめの観葉植物

観葉植物といっても、建物のデザインや規模によって、設置する観葉植物の種類は異なります。同じ横浜市でも、エリアごとに街並みには特色があります。横浜市でおすすめの観葉植物をエリア別でご案内していきましょう。

みなとみらい

みなとみらい地区は、大型のオフィスビルが立ち並んでいます。広々とした空間から、おしゃれなデザインの建物が多いといえるでしょう。スペースの広いロビーやエントランスでは、天井の高さに合わせて採光の良さを生かし、特大サイズの観葉植物の良さを最大限に生かせるでしょう。

オフィス内では、観葉植物のグリーンがよく映えるように、シンボルツリーを軸として観葉植物を囲うと、グリーンのアイキャッチとして空間が引き締まり、より一層おしゃれ感が引き出されます。

横浜駅周辺

横浜駅周辺は、ショッピングセンターからデパートそしてホテルなどが立ち並んでいます。特に横浜駅周辺は、観光客が多く利用することが多いため定番の観葉植物を取り入れるのがおすすめです。また、ワンブロックごとや、ワンポイントとしてグリーンを取り入れるのも素敵でしょう。

ショッピングセンターのミーティングスペースや、エスカレーター横、エレベーターホールなどにもちょっとした観葉植物をポイントとして配置するだけで見違えるほど雰囲気が変わります。

横浜エリアの施設

横浜の病院や介護施設などでは「オーガス」「アルテシマ」「ベンガレンシス」などの定番なものが良いでしょう。マイナスイオン効果が期待できることから、ほぼどの施設でも観葉植物を設置している状況です。

特に介護施設・病院・老人ホームなどといった施設では、誰もが見たことのある観葉植物や聞いたことのある観葉植物を採用することで、心が落ち着くリラックス効果を期待できます。このような施設では何より安心感が重要になるため、見る人を選ばない定番の観葉植物をレンタルすると良いでしょう。

まとめ

観葉植物レンタルはオフィスビルから施設、またイベントごとに利用できるため、多様な空間で求められています。特に人口が多く、観光スポットとして訪れる機会や利用者が多い横浜やみなとみらいでは、街の至るところで目にする機会が多いことでしょう。

「グリーンアイランド」では、横浜にも営業所を設置し、自宅用からオフィス、イベントなどさまざまなシーンで観葉植物のレンタルに対応しています。観葉植物のレンタルをお考えの方は、お気軽にご連絡ください。

グリーンレンタルとはどんなサービス? 〜横浜、みなとみらい編〜

グリーンレンタルとはどんなサービス? 〜横浜、みなとみらい編〜

ここ最近、植栽、植木をレンタルして空間を華やかにするというグリーンレンタルが流行しています。横浜、みなとみらいは現在再開発が進んでおり、ハイセンスなオフィスビルが多く建設されています。このような場所ではグリーンレンタルがおすすめです。

グリーンレンタルとは

最近の飲食店内やオフィス内では、デザイン性を重視した設計になってきています。内装を華やかなものにするために、大きな植物をエントランスに置いてナチュラルにインパクトを与えるという演出もあれば、オフィスを居心地の良い空間にするために、観葉植物をはじめとした緑を多くすることで、リラックス作用を狙ったレイアウトのオフィスも登場しています。

このような動きは外資系の企業を中心に行われていますが、今後は日本企業も外資系の動きに倣って緑を増やし居心地の良い空間にするオフィス作りが流行することでしょう。

しかし、緑を取り入れるといっても植物を購入するとコストがかかってしまいます。特に大きめの観葉植物を購入するとなりますと維持費もかかるので導入を断念してしまうケースも珍しいことではありません。このような悩みに対して、植物をレンタルするという「グリーンレンタル」というサービスがあります。

グリーンレンタルのメリット

コストパフォーマンスが良い

グリーンレンタルは、植物を購入するのではなく月額料金で植物をレンタルすることが可能で、手に入れにくい植物や価格が高い植物をリーズナブルに導入することができるのです。特に、入手が困難で購入するとコストが高くなってしまう植物はグリーンレンタルをすることで予算を抑えることができます。低コストで植物を取り入れたいという場合は、こうしたサービスの利用を検討する余地があるかと思います。

世話をする心配がいらない

植物は生きていますので、定期的に水をやったり、栄養剤を注入したりしなければなりません。購入する場合、植物によってはある程度の時期まで神経質に育てないといけないケースがあります。

その点グリーンレンタルでは、最高の状態になった植物をレンタルすることができますので、最低限の水やりなどで問題なく、長期レンタルになれば担当のスタッフが植物の状態を見て、場合によっては元気なものと取り替えるといったサービスを受けることができますので、常に美しい状態を維持することができます。

気分によってレイアウトを定期的に変えられる

購入の場合、一度購入した植物はお店やオフィスのレイアウトに合っていなくても捨てることができず、ずっと置き続けなければいけないものですが、レンタルにすればその月その月の気分によってレイアウトを変更することも可能です。場合によっては毎月植物を変えてオフィスやお店の雰囲気を変えるということが可能になります。

通常であれば模様替えをする際、植物を入れ替える作業は大変な労力とコストがかかりますが、レンタルにすれば担当のスタッフが入れ替え作業をしますので楽に模様替えをすることができます。

横浜エリアの需要

横浜、みなとみらいはグリーンレンタルがおすすめの地域でもあります。オフィスやお店を華やかなものにすることができます。

リバプールのお店を再現

横浜、みなとみらいといえば港町ですので、港町に合う植物を配置することでイギリスリバプールにあるようなお店の装飾を再現することも可能です。港がある環境ですから「リバプールの雰囲気」を演出することが可能になるのです。ソテツでリゾート風のお店、他の観葉植物で落ち着きのあるお店にすることもできます。

港に面した場所でオフィスを開こうとしているのであれば、大きな植物を配置すれば、アットホームで他にはないオフィスビルを作ることができます。カジノ法案が通過すれば南国風の植物を使ってリゾート地のホテルを演出することも可能です。

観葉植物で落ち着きのあるオフィスを

横浜、みなとみらいエリアでは多くのオフィスビルが今後も建設されることが考えられます。オフィスビルの中に入っている企業の皆さまに対して、大きな観葉植物を一つエントランスに置くだけで、インパクトを与えつつも落ち着きのある空間を演出することが可能です。

植物の知識がなくても利用ができる

グリーンレンタルは植物の知識がなくてもプロが適切なアドバイスをしますので、華やかなお店のレイアウトを実現させることができます。また、どういった植物を配置すればいいのかわからない場合には、プロのスタッフがトータルコーディネートをしますので、安心して利用することができます。

まとめ

グリーンレンタルをすることでオフィスやお店の空間デザインを華やかにすることができ、低コストで贅沢な空間を作りあげることができます。

横浜、みなとみらいエリアでグリーンレンタルを検討している方は、ぜひ「グリーンアイランド」にお問い合わせください。分かりやすくリーズナブルな料金体系でご利用のお客様にもご好評いただいております。使いやすさに徹底的にこだわった当社のサービスをどうぞお試しください。

グリーンレンタルおすすめの利用シーンについて!

グリーンレンタルおすすめの利用シーンについて!

視界に観葉植物が入ると心が穏やかになるという方は多いのではないでしょうか。観葉植物はさりげなく目隠しができ、空きスペースが華やかになるだけでなく、室内の空気を良くする力もあります。しかし、自分で植物を購入して育てるのはなかなかハードルが高いものです。そんな時におすすめしたいのが「グリーンのレンタル」です。

おすすめの利用シーン:イベントや展示会

グリーンレンタルの利用シーンとして人気が高いものの一つに、イベントや展示会での利用があります。観葉植物は屋内外を問わず装飾として使用が可能です。また、装飾として観葉植物を用いることで、自然味あふれる温かい雰囲気づくりができます。イベントのスタッフや来訪者は、普段と違う場所や人とのやり取りに多かれ少なかれ緊張感を持っています。無機質な空間に植物があると、見る人にリラックス作用を与えて場の空気を和ませてくれます。

観葉植物は、イベントや展示会の場を華やかにします。しかし、その短期間のためだけに植物を購入・手入れをするのは現実的ではありません。そこでその負担を肩代わりするのが、グリーンレンタルです。短期間のレンタルでしたら、手入れの手間はもちろん、害虫や枯れてしまう心配もありません。グリーンレンタル業者にもよりますが、一般的には一日のみのレンタルも可能です。使用後の片付けも任せられるため、気軽に植物を装飾に取り入れることができます。

おすすめの利用シーン:オフィス

グリーンレンタルの利用シーンとして、オフィスも大変人気です。植物を置くことで、オフィスのような密閉空間の環境改善が望めます。植物が二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことはよく知られています。それに加えて、植物は空気中のホルムアルデヒドといった有害物質や汚れを吸収し、空気を清浄する働きがあります。空気がきれいに保たれることで、多くの方が気持ちよく集中して仕事に従事することができるでしょう。

また、閉め切ったオフィスは冷暖房で空気が乾きがちですが、観葉植物は室内を適度に加湿するため、のどのや肌、目の乾燥予防になります。デスク作業が多い業種なら、近距離にピントを合わせ続ける緊張状態が続きます。そうした環境では離れた場所の観葉植物に目を向けることで、目の筋肉(毛様体筋)を緊張状態から解放することができます。眼精疲労の軽減につながり、作業効率の向上が望めるのです。

また、オフィス内にいる方のメンタル面のサポートにも観葉植物は一役買ってくれます。色彩心理学において、緑色は気持ちを安定し心身の緊張をゆるめる作用があるとされています。視界に観葉植物が入ることで適度なリラックス作用が生まれ、仕事にメリハリを付けることができます。オフィス内と休憩室で、グリーンの種類を変えるのもいいでしょう。

オフィスに観葉植物を置くことで、来社するお客様にも良い効果が期待できます。例えば、受付や応接室に観葉植物がありますと、環境に配慮した優しい印象となり企業イメージが上向きます。観葉植物があることで室内の雰囲気が柔らかくなるため、お客様との円滑なやり取りも期待できます。

なお、植物に精通したコーディネーターが在籍するグリーンレンタル業者でしたら、来客者に与えたい雰囲気や好みのレイアウト、室内設備の配置や明るさを考慮して、最適な品種・サイズを検討してくれます。

おすすめの利用シーン:個人宅

近年では、個人宅でもグリーンレンタルの利用が増えてきています。リビングや寝室、玄関、庭、ベランダの一角など、個人宅内のさまざまな場所に観葉植物はインテリアとして適しています。自分で植物を一から育てるのは楽しいものですが、不在がちな方にとって日々の手入れは困難でもあります。また、季節や環境によっては虫に悩まされ、思い通りに育てるのが難しいといった面もあります。

グリーンレンタルでしたら、そうした手間や負担を軽減することが可能です。品種を変更することで、手軽に季節感を出すこともできます。大型のグリーンであっても、高額な配送料や処分費用に悩むことはありません。グリーレンタルを利用することで、入手しにくい品種や育てるのが難しい品種も気軽にインテリアとして取り入れることができます。

まとめ

今回は、グリーンレンタルの利用シーンについてまとめました。観葉植物の良さはご存じでも、適切な設置場所や育て方がわからず二の足を踏んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は「グリーンアイランド」にぜひご相談ください。厚生労働省認定の園芸装飾技能士を含め、スタッフ一人ひとりが質の高いサービスをご提供できるよう努めています。屋内外を問わず、豊富な品種と最適なメンテナンスプランを提案します。皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

グリーンレンタル申し込みや利用の流れについて! 注意点や金額も解説!

グリーンレンタル申し込みや利用の流れについて! 注意点や金額も解説!

自宅でもオフィスでもイベント等の会場でも、観葉植物が置いてあることで、清潔感のあるおしゃれな雰囲気や、落ち着いた空気感を出すことができます。そんな観葉植物ですが、購入することなくレンタルという形で置くことができるのです。そんなグリーンレンタル契約の流れや相場、利用時の注意点について解説していきます。

グリーンレンタル申し込みの流れ

実際に観葉植物をレンタルする場合はどのような手順で申し込みをして、利用をしたらいいのでしょうか?
グリーンレンタルの流れについてまとめました。

電話やメール等で問い合わせ

まずは申し込みの意思をレンタル会社に伝えましょう。その際、ホームページに記載の電話番号、またはメールアドレス等に問い合わせを行うと良いでしょう。電話対応のスタッフから、設置希望場所や部屋全体の広さなどについて質問があります。その他必要に応じて質問に答えます。また事前に不明点があれば確認しておきましょう。

現場の視察とご相談

電話で日取りを決め、実際にスタッフが設置場所を確認しに現場に伺います。設置希望場所を見て、希望の雰囲気や部屋全体の広さ等を確認し、具体的におすすめの観葉植物を提案させていただきます。

見積もり

実際に提案する観葉植物で気に入ったものがあればそれに応じてお見積りを出します。その場で出す時もあれば後日お渡しの場合もあります。

契約

内容や金額にご納得いただけるようでしたらそのままご契約手続き、申し込みへと進みます。レンタル会社によりそれぞれですが、大体は月単位での支払いとなります。もちろん長期でなくても一日だけイベントで利用したいという場合でもレンタルは可能ですので、レンタル期間に関してもご相談いただくことは可能です。

利用前・利用時の注意点

実際に観葉植物をレンタルするとなりますと、メンテナンスに関してや、レンタルを停止する場合など、どのような手配が必要なのでしょうか? よくある疑問点から利用前と利用時の注意点・疑問点について解説していきましょう。

植物が枯れた場合

生き物ですから、環境等で調子が悪くなるということもあるでしょう。そうした場合レンタルサービスでは基本的に交換対応を取ってくれます。ほとんどのレンタルサービスでは月単位で金額が発生し、大体一ヶ月に一回交換が可能です。万が一それより前に枯れてしまうなど、植物の調子が良くない時には、一度連絡を入れて状況を伝えてみるようにしましょう。

レンタルを解約したい場合

レンタルの停止・解約したい場合は、レンタル会社により規定はありますが、月単位でのレンタルの場合、約一ヶ月前に申し出をすれば通常、解約することができます。まずは電話等で解約の意思を伝え、レンタルしている観葉植物の返却についてなどレンタル会社に確認を取りましょう。

部屋の環境が悪い時

観葉植物を置きたい場所がとても暗くて日が当たらないなど環境が悪い場合は、実際に視察の段階でスタッフから懸念点を申し伝えます。もちろん、その環境にも耐えうるような観葉植物を提案していきますが、やはり生き物であるからには適度な光や水は必要です。あまりに劣悪な環境の場合は、造花などの利用をおすすめすることもあります。

虫が湧いたりしてしまわないのか

基本的には十分な消毒と殺虫を行っているので虫が湧くことはほとんどありません。もしそのような状況になった場合はご一報いただければすぐに交換手配をいたします。故意の過失でなければ基本的に植物の劣化やトラブル等でお客様にご迷惑をかけるようなことはありません。

グリーンレンタルの料金について

では実際にグリーンレンタルを申し込む場合、どの程度の料金がかかるのでしょうか? 料金の設定にはレンタル会社により異なるのはもちろん、実際にレンタルする観葉植物の大きさや、個数によっても異なります。基本的には一つあたりのレンタル料金は以下の通りになります。

  • 50cm以下の小さめのものは約500円/月前後
  • 60cm〜1m以下のものは約1,300円/月前後
  • 1.5m前後のものは約2,500円/月前後

上記に記載のように比較的安価でレンタルすることが可能です。アレンジしてあるものや、デザインによってはもう少し高額になるものもあります。一つからでもレンタルできますので、小さな部屋のアクセントにも、まとめてレンタルして大きなスペースの飾りとしても活用できます。特にイベントや一時的に観葉植物が必要な場合には、レンタルが実用的です。

まとめ

グリーンレンタルを希望する場合は、まずは電話等でご希望を相談し、要望を伝えてみてください。

グリーンレンタルをご希望される方はぜひ一度「グリーンアイランド」にご相談ください。お客様のご要望に応じて、最適な観葉植物をご提案させていただきます。たくさんのご利用をお待ちしております。

敬老の日!

こんにちは

もう秋ですね~(*^_^*)

そして

もうすぐ敬老の日です!

9月16日です

今時のおばあちゃんやおじいちゃんは若いですよ!

外見もそうですけど中身も若々しいです

なので、センスの良いものをプレゼント

したいですよね!

敬老の日にはリンドウのお花をよく使います!

リンドウの根が、健胃・消炎・鎮静の漢方薬として

重宝されてたことから、リンドウのお花というと

健康や長寿というイメージが

ついたそうです。

健康的なお花ですね

 

敬老の日はフラワーアレンジも人気です!

リンドウを使ってアレンジを作りますので

お気軽に声をかけて下さいね

 

 

お水のお手入れがいらないプリザーブドフラワーも人気です

おばあちゃんに贈る方が多いです。

本物のお花を特殊加工しているので、いつまでも

枯れない魔法のお花ですよ(*^_^*)

 


 

 

 

 

 

秋の気配………

まだまだ暑いですが

秋の気配を感じるようになりましたね!

どことなく秋の空気になってきました。

夏の賑やかなトロピカルな色から落ち着いた

秋の色に変わっていきますね……

秋にはドライフラワーを購入するお客様が多いです!

 

 

ドライフラワーアレンジです!

バンクシアを使いました。

存在感があるので素敵ですよね

花束のドライフラワーもご用意しています(*^。^*)

吊るしてお洒落に飾って下さい

 

 

 

秋といえばパンパスグラス!

これから見ることが多くなりますね!

パンパスグラスを使ったアレンジは

落ち着いていて懐かしい気持ちになるアレンジです。

見ているだけで自然が多い田舎を思い浮かべちゃいますね(*^_^*)

パンパスグラスを使ったり秋らしく深みのあるアレンジを

希望の方は気軽にスタッフにお伝え下さい

 

アデニウム!

こんにちは!

今日も暑いですねー(>_<)

グリーンアイランドは海が近いので

サーファーさん達がお店の前を通ったりします

もちろん、そのままお店に入ってきて観葉植物を

見てくれるお客さんもいますよ(*^_^*)

海は賑わっていますネ~!

でも熱中症には気をつけて下さい

さて今日は暑さにとっても強い植物をご紹介です!!!

「砂漠のお花」と言われている「アデニウム」

アデニウムは南アフリカ・アラビア半島が原産です!

お店のアデニウムはお花が咲きだしました

見事に満開です!!!

マーブルの八重咲き

 

 

小さいアデニウムも大きいアデニウムもすごく元気に育っています

この暑さにも全然へっちゃらです!

逆に寒さには弱いので気をつけてください

アデニウム好きの方はぜひ見てもらいたいです

 

 

梅雨明け!

やっと

梅雨明けですね

でも…….

もう天気が悪くなって今は雨が

降っています

7月も終わりなのに夏感が全くないです

え(´・ω・`)

このまま夏が終わるってことないですよね?!!

きっと8月からは天気が良くなると思います

 

 

 

夏らしく、メッセージボトルに向日葵を添えて…….

瓶の中にメッセージを書く紙が入っています★

植物と一緒にボトルを入れて大切な人へプレゼント

 

 

今、お店の中は観葉植物が多いです!

これから暑くなるので観葉がオススメですね

 

 

 

苔玉もたくさんありますよ~!

すごく人気です(*´▽`*)

受け皿と苔玉は別売りなので

好きなお皿にコロンと苔玉を置いて下さいね

 

 

一般事業主行動計画の公表について

一般事業主行動計画の公表について
株式会社グリーンアイランド は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

次世代育成支援対策法とは
次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、
平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

一般事業主行動計画とは
企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、
子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

株式会社グリーンアイランド 一般事業主行動計画
すべての従業員がその能力を十分に発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 2018年12月1日~2023年11月30日までの5年間
2. 内容
 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。
  目標1:2018年12月までに、子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。
  <対策>
   ●2018年 12月~ 社員のニーズの把握、検討開始
   ●2018年度~   制度の導入、管理職研修及び社内広報誌などによる社員への周知

  目標2:育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。
  <対策>
   ●2018年 12月~ 管理職へのアンケート調査による実態把握
   ●2019年 1月~ 研修内容の検討
   ●2018年度~   研修の実施