スタッフブログ

ヤツデ

ヤツデのご紹介〜✨

ヤツデ

 

 

ヤツデは代表的な陰樹で

午前中2時間程度しか日が当たらない

日陰でも生育します。

地際から数本の茎を伸ばし

葉は深い切れ込みがある

大きな掌状葉で、光沢があり

その形はまるで天狗の羽うちわのようです。

葉には長さ3040cmの葉柄があります。

11月から12月にかけて、枝先に白い放射状の

丸い花序が集まった複合花序を出し

円錐状に咲く白い花は

花が少なくなる冬の庭にあって

ひときわ目立ちます。

その後、実った果実は

翌年5月に黒く成熟します。

◆管理方法◆

半日陰地を好み、強い西日が当たる

ところや乾燥する場所は嫌います💦

湿り気のある耕土の深い土地で

腐植質の多い肥沃な土を好みます😊

◆水やり◆

日陰地での庭植えは雨水だけで生育しますが

鉢植えは特に水切れに注意してください!

◆肥料◆

基本的に肥料は不要ですが

葉の色が黄色を帯びて淡いときには

寒肥(1月下旬~3月)や追肥(6月)

として油かすなどを少量施します。

◆病気 

 病気黄色紋羽病、炭そ病、黄斑病など

若木や苗木の地上部が急にしおれ

葉は水気が抜け黄緑色になって下垂する

黄色紋羽病、葉の縁部から発病し

葉枯れ症状となる炭そ病

葉に斑点が生じる黄斑病などがあります。