スタッフブログ

ハラン

ハランのご紹介〜

ハランは、常緑樹の下や北側の日陰でも

よく育ち、庭で親しまれています。

葉には殺菌作用があります(o_o)

料理の仕切りなどに

添えられることがあります……

もともとは中国の大きなランという

意味の馬蘭(バラン)と呼ばれ

のちに葉蘭(ハラン)と

呼ばれるようになったそうですよ😲

ヨーロッパにも日本から伝わりました!!

根茎が長く伸び、大きくてつやのある

葉を地上に展開します。

◆管理方法◆

強い直射日光が当たると

葉焼けを起こすので、木の下などの日陰

または室内で育ててください!

特に、斑入りの品種は

日陰がいいです✨

乾燥に耐えますが、本来は湿り気のある

土壌を好むので、水はけがよすぎる

場合は腐葉土などの有機物を

加えて土壌改良します。

◆水やり◆

鉢植え、庭植えともに、土が乾き始めたら

たっぷりと水やりをします。

冬は控えめにしてください…

◆肥料◆

植えつけ時には、元肥として

緩効性化成肥料を土壌に混ぜておきます。

栽培中の株には、12月から2月に寒肥として

有機質肥料を施すとよいでしょう。

肥料が多すぎると、斑入り品種では

斑が消えることがあるので

注意してください……

◆害虫 カイガラムシ

体長23mmのカイガラムシが

つくことがあります。

見つけたら、葉などを傷つけないように

注意しながら歯ブラシなどで

こすり落とすか、適用のある殺虫剤で

駆除してください!