スタッフブログ

パキポディウム

本日はパキポディウムの紹介です

パキポディウム

 

 

パキポディウムの仲間は

南アフリカ、マダガスカル原産で

マダガスカル固有種が多くあります。

基部がまるまると太ったものや

ずんぐりとした棒状の幹をもつものなど

独特のフォルムが人気の植物です😊

一部の種類は、株が小さいうちは

とげで幹が覆われていますが

大きくなると次第にとげが少なくなります。

春から秋に成長します。

長雨に当てると腐りやすくなるので

注意してください。

秋になり葉が落ちてきたら水やりを控えて

真冬は断水して休眠させます。

まだ小苗のときは

腐葉土などの有機物の多い用土で植え

肥料や水をやや多めに与えて育てると

成長がよくなります………

よく出回っているデンシフロラムは

花も美しく、丈夫で育てやすいので

初めての方にもおすすめですよ〜😊

できるだけ日当たりと風通しのよい

場所に置きます。春から秋にかけては

戸外で栽培できますが、冬は室内で

3℃以下にならないように管理し

休眠させます。

◆水やり◆

蒸れや過湿に弱いので

春から秋の生育期には、鉢の中の水分が

乾ききってからたっぷり水を与えるようにします。

秋から徐々に水やりを減らし、冬は断水します。

◆肥料◆

春と秋の生育期に、規定量の緩効性化成肥料を

月に1回程度、液体肥料なら規定倍率に

薄めたものを月に2回程度施します。

◆病気 軟腐病

発症したら腐った部分を取り除いて乾かします。

しかし、そうした措置をとってもほとんど

助からないので、日ごろから予防のために

多湿に注意して育てましょう。

植え替え時に根が傷つくと

そこから病原菌が入ることがあるので

注意してください……

◆害虫 アブラムシ

花の時期にアブラムシが発生しやすいので

見つけしだい駆除します。