スタッフブログ

ツワブキ


ツワブキをご紹介します。

ツワブキ

 

 

ツワブキは海沿いの草原や崖

林の縁に見られる常緑の多年草です。

葉は革質でつやがあり

円くて直径20cm前後あります✨

新芽は茶色の綿毛に包まれていますが

成長につれて取れていきます。

地下には短いワサビ状の根茎が連なり

大きな株になります………

花は株の中心から出て

先端に1030輪ほどのキクに似た

花径3cm前後の黄色い花を咲かせます

斑入りや八重咲き、丁字咲きなどの

園芸品種が栽培されてきました。

花色も黄色のほか、クリームホワイト、朱色

レモン色などの品種がありま〜す!

秋に咲く花だけでなく

斑入りや獅子葉など葉も変化に富み

1年中庭に彩りを添える植物として

古くから親しまれています!

◆管理方法◆

日なたか明るい日陰で育ててください!

土質は問いませんが

水はけのよい土地を好みます。

斑入り葉の園芸品種のなかには

明るい日陰のほうがよいものもあります。

◆水やり◆

鉢植えは、表土が乾いたら

十分に与えてください!

庭植えは、よほどの干ばつでも

ないかぎり水やりは不要です。

◆肥料◆

鉢植えは、植え替え時に元肥として

草花用のチッ素、リン酸

カリが等量の配合肥料や

油かすと骨粉の配合肥料などを5号鉢で

三つまみほど施します。

4月から9月は月1回、草花用のチッ素

リン酸、カリが等量の配合肥料や

油かすと骨粉の配合肥料を施します。

ただし、斑入り葉の品種のなかには

春に肥料が効きすぎると斑が現れにくく

なるものがあります。

最初の新葉が成長している間は

肥料を控えてください!