スタッフブログ

カンナ

カンナをご紹介します( ´∀`)

カンナ

 

 

カンナは真夏の炎天下、大きな葉の間から

鮮やかな花を元気に咲かせます。

現在の品種の多くは、1850年ごろから

アメリカ、フランス、イタリアなどで

さまざまな原種間で交配を繰り返して

作出された品種で、ハナカンナと呼ばれています。

花が大きく、花色も変化に富んでいます。

また、葉色が美しい品種も多く

赤や黄色の縞斑、白のはけ込み斑

銅葉など多彩です😊

カンナ

 

 

◆管理方法◆

日当たりと水はけがよく

肥沃な場所で育てます。

暖地では、冬は盛り土やマルチングなどの

防寒をすれば露地で冬越ししますが

それ以外の地域では、葉が枯れたら

鉢ごと室内に取り込むか

庭植えの場合は根茎を掘り上げ

ピートモスなどに埋めて貯蔵します。

暖かい室内では芽が動く(成長を始める)

ことがあるので

凍らない程度の場所で貯蔵しましょう。

◆水やり◆

鉢土が乾いたら、水やりをしてください!

実生系の品種においては、鉢を水につけて

栽培することも可能で

真夏は腰水灌水すると管理が楽になります。

庭植えの場合は、干ばつのとき以外は

水やりはほとんど必要ありません。

◆肥料◆

植えつけ時に元肥として

緩効性化成肥料を施しておき

その後は芽が出たら月に1

三要素等量の肥料を置き肥します。