スタッフブログ

1輪でも華やか……

この頃ずっと雨でしたが

今日はカラッと気持ちよく晴れましたね☀️

今回は豪華で力強く咲くダリアの紹介✨

大輪種から、優雅な中輪種や可憐な小輪種

品種が非常に多いです。

大きいサイズのダリアは1輪だけでも

華やかで、存在感があります。

フラワーアレンジや花束でもよく使用しますが

1輪入れただけで豪華になっちゃいます😊

ダリア

 

 

大小さまざまで用途も広く古くから

親しまれてきた春植え球根です。

花形のタイプによって、代表的なデコラティブ咲き

弁先が細長くなるカクタス咲きなど

10数種に分類されま〜す( ´∀`)

そのほか、葉色の濃い銅葉系の品種や

木のように大きく育つ

皇帝ダリアチョコレートの香りのする品種など😲

ユニークなものもあります…………

栽培も比較的容易で開花期も長いです。

◆管理方法◆

原産地は熱帯の高地で、夏は冷涼

冬は温暖な気候です。

春から夏に雨が多く、冬は乾季となる地域で

日当たりと水はけのよいところに育ちます。

日本では、夏が高温となるため

葉は茂っても花が咲きにくいです💦

秋に多く咲きます。

冬期は地中の球根で越冬しますが

凍結や多湿を防ぐため

場所によっては掘り上げて春まで貯蔵する

必要があります。

生育中はできるだけ半日以上は日の当たる

ところで育てます。夏の高温を避けるため

特に鉢植えのものは

日陰へ移動させるか日よけをしておくのが安全です。

◆水やり◆

球根植物なので乾燥には耐え

滞水は球根を腐らせます。

庭植えでは極端に乾く場合以外は

ほとんど必要ありませんが、鉢植えは

生育中水切れしないよう十分与えます。

蕾が見えてから開花中は

特に乾燥に注意してください💦

◆肥料◆

花を咲かせるには肥料分を必要とします。

元肥のほか、5月と9月ごろに追肥をします。

鉢植えは、真夏を除いて定期的に

3回ぐらい液体肥料を施すか

1回の置き肥を施します。

◆病気 ウイルス病、うどんこ病、灰色かび病など

花色に異常が生じるウイルス病は回復しないので

ほかの株に伝染しないよう処分します。

生育中は葉の表面に白い粉をふいたような

カビが生えるうどんこ病

花がらや枯れ葉などにカビが生える

灰色かび病に注意し、早期に防除します😖