スタッフブログ

キンギョソウ

こんにちは〜!

昨日の雨はすごかったですね💦

大雨警報があちこちで発令されていましたね💦

みなさんは大丈夫でしたか?

午後からは関東は気温が上がって暑くなる

と言っていましたね!

寒暖差😅

体調を崩さずほどほどに頑張りましょうか……

さて本日はキンギョソウご紹介します。

キンギョソウ

 

 

 

キンギョソウは鮮明な色彩で色幅のバラエティに富み

春めいたにぎやかさを感じさせる花です。

甘い香りを漂わせ、金魚を連想させる愛嬌のある

ふっくらとした花形が特徴です😄

品種が多く、草丈1m以上の高性種、こんもり茂る小型種

そして中間のタイプがあり、切り花や花壇

鉢植えと幅広く利用されていますね(*´ω`*)

本来は5月ごろが開花の盛期なのですが

さまざまな品種が育成され、短日でも咲くもの

長日条件で咲くものなどがあり

ほぼ周年咲かせることが可能です😊

また、多年草ですが、高温多湿の蒸れに弱いことから

一年草扱いにすることがほとんどです!

◆管理方法◆

日当たりと水はけのよいことが大切です!

日陰や多湿地では生育が悪く

育ってもほとんど花が咲きません💦


乾燥にはかなり強く、石垣の間や、高台

傾斜地など乾きやすいところでも

根がしっかりと張ってよく育ちます。

耐寒性も強く、-5℃ぐらいまでなら防寒の必要はありませんが

10℃以下になるところでは注意してください!

暑さにも強く、高温に耐えられます……

ただし、梅雨期のような多湿で日照不足の状態が続くと枯れやすく

湿度の高い日本の気候では夏越しが難しいため

毎年タネをまいて株を更新するのが確実です!

◆水やり◆

タネまきから育苗中の小苗のうちは

乾かさないように注意してください!

その後は乾燥気味がよく

葉がしおれるくらいになってから水やりをしてください!

◆肥料◆

成長が早く、徒長しやすいので

庭植えではほとんど不要です。

鉢植えは春と秋に少量施します。

軟弱に育つと倒れたり、病害虫も多くなるので

生育の様子を見ながら、薄い液体肥料を施すのが安全です

◆病気◆灰色かび病、立枯病など

混みすぎや多湿で、花がらや枯れ葉などに

カビが生える灰色かび病が出やすく

部分的にとけるように枯れ、しだいに広がります。

花がらはこまめに摘み取り、切り戻しや枝すかしを行って

日照を確保し、風通しをよくしておいてください

タネまきから育苗中は、全体がしおれて枯れてしまう立枯病など

土壌病害に注意します💦