スタッフブログ

ハナカイドウ

本日はハナカイドウをご紹介します✨

ハナカイドウ

 

 

 

ハナカイドウは一般にカイドウとも呼ばれて

日本では広く北海道南部から九州まで

栽培されています🌸

リンゴと同属の落葉果樹で、原産地の中国でも

古くから栽培され、その花の美しさは

中国の唐の玄宗皇帝が酔って眠る楊貴妃を

ハナカイドウにたとえたように

昔から美人の代名詞として使われるほどです!

4月から5月の庭に新緑が目立ち始めるころに

枝を埋めるようにして咲くピンク(淡紅色)

花が目に鮮やかです🌸

◆管理方法◆

日当たりのよい場所を好みますが

乾燥を嫌います💦

また、強い西日の当たる場所も嫌います💦

土壌は、通気性、水はけがよく

適度な湿度を保つ肥よくな土を好みます。

◆水やり◆

庭植えであれば基本的に水やりは不要です。

鉢植えでは夏期に水切れを起こさないよう

朝と夕方、十分に水を与えます!

◆肥料◆

晩秋から冬にかけて油かすなどの有機質肥料と

緩効性化成肥料を混合したものを施します。

花が終わったあとに化成肥料をお礼肥として施します

◆病気◆ 赤星病、うどんこ病

葉に発生する赤星病を防ぐには

赤星病の病原菌であるサビ胞子の中間宿主となる

カイヅカイブキ、タマイブキなどビャクシン属の樹木を

近くに植えないようにします。

梅雨どきに発生するうどんこ病を防ぐには

日ごろから日当たりと風通しをよくするよう努めます。

◆害虫◆ アブラムシ、ハマキムシなど

春から秋にかけて、新芽付近にアブラムシ

葉にハマキムシなどが発生します。