スタッフブログ

バコパ

こんにちは♪( ´▽`)

本日はバコパをご紹介します✨

バコパ

 

 

 

バコパは茎がやわらかく枝垂れて育つので、

ハンギングバスケットや寄せ植えの端に植えつけて、

鉢の縁から垂らして育てるのに適しま〜す😊

南アフリカに130種ほど自生しているらしいです!

◆管理方法◆

高温多湿が苦手なので、夏は半日陰に置き、

水の与えすぎによる根腐れに注意が必要です💦

棚の上に置いたり吊り鉢にして、

枝垂れた枝の下にも風が通るようにすると

病害虫の発生を抑えられます。

なお、冬は、凍らせなければ戸外でも冬越しできます❄️

鉢植えは、秋から春の間は日当たりに置き、

夏は半日陰で風通しよく管理しましょう✨

冬は、明るい室内や南向きの軒下に移動するなど、

凍らない程度の防寒が必要です♪

1年を通じて、雨には当てないようにしましょう。

庭植えでは、枝垂れる枝の下に風が通らないと

蒸れて腐りやすいので、

一段高くなった花壇の縁に植えるとよいでしょう❗️

◆水やり◆

鉢植えは、鉢土の表面が乾いてきたら、

たっぷり水を与えましょう。

庭植えでは水やりは、ほとんど必要ありません。

◆肥料◆

鉢植えは3月から11月に、緩効性化成肥料を施します。

◆病気◆

特にありません。

◆害虫◆

アブラムシ、オンシツコナジラミ

4月から11月、アブラムシが特に新芽に発生しやすい。

見つけたら取り除いて下さい💦

4月から11月、葉裏にオンシツコナジラミが発生します

大量に寄生すると、

排せつ物にカビが生えて葉が黒くなる

すす病を併発します💦

枝を短く切り戻し、

寄生している虫を枝葉ごと取り除くと効果的です❗️