スタッフブログ

グリーンレンタルおすすめの利用シーンについて!

グリーンレンタルおすすめの利用シーンについて!

視界に観葉植物が入ると心が穏やかになるという方は多いのではないでしょうか。観葉植物はさりげなく目隠しができ、空きスペースが華やかになるだけでなく、室内の空気を良くする力もあります。しかし、自分で植物を購入して育てるのはなかなかハードルが高いものです。そんな時におすすめしたいのが「グリーンのレンタル」です。

おすすめの利用シーン:イベントや展示会

グリーンレンタルの利用シーンとして人気が高いものの一つに、イベントや展示会での利用があります。観葉植物は屋内外を問わず装飾として使用が可能です。また、装飾として観葉植物を用いることで、自然味あふれる温かい雰囲気づくりができます。イベントのスタッフや来訪者は、普段と違う場所や人とのやり取りに多かれ少なかれ緊張感を持っています。無機質な空間に植物があると、見る人にリラックス作用を与えて場の空気を和ませてくれます。

観葉植物は、イベントや展示会の場を華やかにします。しかし、その短期間のためだけに植物を購入・手入れをするのは現実的ではありません。そこでその負担を肩代わりするのが、グリーンレンタルです。短期間のレンタルでしたら、手入れの手間はもちろん、害虫や枯れてしまう心配もありません。グリーンレンタル業者にもよりますが、一般的には一日のみのレンタルも可能です。使用後の片付けも任せられるため、気軽に植物を装飾に取り入れることができます。

おすすめの利用シーン:オフィス

グリーンレンタルの利用シーンとして、オフィスも大変人気です。植物を置くことで、オフィスのような密閉空間の環境改善が望めます。植物が二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことはよく知られています。それに加えて、植物は空気中のホルムアルデヒドといった有害物質や汚れを吸収し、空気を清浄する働きがあります。空気がきれいに保たれることで、多くの方が気持ちよく集中して仕事に従事することができるでしょう。

また、閉め切ったオフィスは冷暖房で空気が乾きがちですが、観葉植物は室内を適度に加湿するため、のどのや肌、目の乾燥予防になります。デスク作業が多い業種なら、近距離にピントを合わせ続ける緊張状態が続きます。そうした環境では離れた場所の観葉植物に目を向けることで、目の筋肉(毛様体筋)を緊張状態から解放することができます。眼精疲労の軽減につながり、作業効率の向上が望めるのです。

また、オフィス内にいる方のメンタル面のサポートにも観葉植物は一役買ってくれます。色彩心理学において、緑色は気持ちを安定し心身の緊張をゆるめる作用があるとされています。視界に観葉植物が入ることで適度なリラックス作用が生まれ、仕事にメリハリを付けることができます。オフィス内と休憩室で、グリーンの種類を変えるのもいいでしょう。

オフィスに観葉植物を置くことで、来社するお客様にも良い効果が期待できます。例えば、受付や応接室に観葉植物がありますと、環境に配慮した優しい印象となり企業イメージが上向きます。観葉植物があることで室内の雰囲気が柔らかくなるため、お客様との円滑なやり取りも期待できます。

なお、植物に精通したコーディネーターが在籍するグリーンレンタル業者でしたら、来客者に与えたい雰囲気や好みのレイアウト、室内設備の配置や明るさを考慮して、最適な品種・サイズを検討してくれます。

おすすめの利用シーン:個人宅

近年では、個人宅でもグリーンレンタルの利用が増えてきています。リビングや寝室、玄関、庭、ベランダの一角など、個人宅内のさまざまな場所に観葉植物はインテリアとして適しています。自分で植物を一から育てるのは楽しいものですが、不在がちな方にとって日々の手入れは困難でもあります。また、季節や環境によっては虫に悩まされ、思い通りに育てるのが難しいといった面もあります。

グリーンレンタルでしたら、そうした手間や負担を軽減することが可能です。品種を変更することで、手軽に季節感を出すこともできます。大型のグリーンであっても、高額な配送料や処分費用に悩むことはありません。グリーレンタルを利用することで、入手しにくい品種や育てるのが難しい品種も気軽にインテリアとして取り入れることができます。

まとめ

今回は、グリーンレンタルの利用シーンについてまとめました。観葉植物の良さはご存じでも、適切な設置場所や育て方がわからず二の足を踏んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は「グリーンアイランド」にぜひご相談ください。厚生労働省認定の園芸装飾技能士を含め、スタッフ一人ひとりが質の高いサービスをご提供できるよう努めています。屋内外を問わず、豊富な品種と最適なメンテナンスプランを提案します。皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。