2022年05月25日

凛としたお花❤︎

今日も気持ちの良い1日でしたね😊

シンプルだけど美しいお花

カラーのご紹介です(*´ω`*)

大きい長方形のガラスの器に

カラーだけを数本入れるだけで

品が良くてお洒落に見えてしまう

カラーのお花✨✨

鮮明で明るい色からシックでカッコいい色

がありバリエーション豊かです!

カラー

 

カラーの仲間は、南アフリカに

68種類程度の原種があり

水はけのよい草地や岩場などに自生し

畑地性カラーと呼ばれています😊

生育には水分を必要としますが

過湿や滞水は好みません💦

湿地性と異なり

生育期と休眠期がはっきりしていて

春から夏に成長、開花し、秋以降は

葉が枯れて休眠します。

球根を掘り上げて春まで貯蔵することもできます。

カラー

 

 

◆管理方法◆

日当たりと水はけがよく

温暖で夏は比較的乾燥する場所が適します。

春の生育期はやや多湿でもよいのですが

開花後高温期の多湿は病気が出やすくなり

球根が腐る原因となります

これを防ぐには、水はけをよくして

肥料分がさっと抜けるようにしておき

マルチングなどで地温の上昇を防ぎます。

鉢植えは、夏の間は明るい日陰や

半日陰へ移動させ、鉢内が高温に

ならないようにしておきます。

秋以降休眠したら乾燥させて

凍らないところで冬越しさせます☃️

庭植えでは植えっぱなしにもできますが

地中まで凍結する心配のあるときは秋に掘り上げ

鉢に入れて乾燥貯蔵しておきます。 

◆水やり◆

春の芽出しから開花中は

用土が乾いたらたっぷり水を与えます。

新しい根が伸びて盛んに成長する時期なので

水切れに注意してください!

しっかり成長させることが

よい花を咲かせるポイントです。

秋以降の休眠中は乾燥させます。

◆肥料◆

鉢植えは、5月から6月の成長期に週に1

薄い液体肥料を施します。

開花後の高温期には肥料分が

残らないようにしておきます。

庭植えの場合は、肥料はほとんど不要です!

フランネルフラワー⭐︎

こんにちは🌞

本日はフランネルフラワ〜(´∀`*)

フランネルフラワー

 

 

フランネルフラワーの細かい毛が

密生する花の手ざわりは、軽く柔らかい

毛織物のフランネルに似ているらしいです…✨

同じように、フランネルに似た手ざわりの

葉をもつフランネルソウは

ナデシコ科のまったく別の植物です。

少し前までフランネルフラワーは

輸入切り花しか見かけなかったのですが

近年、日本で品種改良されて

鉢花としての流通がふえているそうです!

水はけがよい酸性の土を好むので

酸度無調整のピートモスと鹿沼土を

半量ずつ混ぜた用土を使い

根鉢をくずさずに植えつけるのが

上手に育てる最大のポイントです😲

サンネルフラワー

 

 

◆管理方法◆

フランネルフラワー

は日当たりのよい場所を好むので

雨のかからない日なたに置いて管理して下さい

冬は室内に取り込みましょう。

真夏は、風通しのよい半日陰に置き

涼しく夏越しさせてください✨

鉢植えのものは、1年を通じて日当たりがよく

雨を避けられる場所に置きましょう。

庭植えにする場合は、日当たりと水はけがよく

雨のかからない軒下などに植えつけます。

冬は、ビニールなどをかぶせて防寒し

凍るのを防ぎましょう。

酸性の土を好むので、植えつける場所に、石灰は施しません。

◆水やり◆

鉢植えのものは、用土の表面が乾いてきたら

すぐに水を与え、極端に乾燥させないでください

庭植えのものには

ほとんど水を与える必要はありません。

ただし、コンクリートなどで囲われており

周囲から切り離された場所で

雨水による水分補給がない場所では

ときどき水やりが必要です〜!

◆肥料◆

大きく育てるためには多めの肥料を必要としますが

根が繊細なので、高濃度の肥料を施すと

肥料焼けを起こします💦

そこで、規定より2倍ほどに希釈した薄めの液体肥料を

1回など、回数を多く施しましょう。

なお、庭植えのものには、肥料は必要ありませんよ!